テレビ電話の活用

テレビ電話

新しい面接の形

就職率が増加している中で必ずあるものが面接であり、企業と志望者が会う大切な機会であり近年では面接の形態が対面するものからテレビ電話面接が増加しています。テレビ電話面接を主に使われている企業はIT業界の企業が使うことが多くあり、交通費や場所の確保の手間の削減をできることで人気が上がってきています。テレビ電話面接を行うことで都会だけではなく田舎の人材や日本国内だけではなく、海外からの優秀な人材の雇用を行うことができるようになります。しかし、テレビ電話面接は通信回線や音質、映像がとても重要でありテレビ電話面接のデメリットとしてあげられているものがコミュニケーションのミスが挙げられます。これはデータの送受信による遅れが関係していることが多くあります。ですから、これらの異常自体を防ぐためにマイクやスピーカーなどは高品質なものを使うことが必要であると言えます。これによってコミュニケーションのミスを減らすことができ、テレビ電話面接の利便性を含むメリットを大幅に生かすことにつなげることができます。また、従来のテレビ電話とは違っておりインターネットを利用して面接を行うので電話を無料で使うことができるだけではなく、無料でアカウントを作ることができるサービスを使って行うことができるので会社側も気軽に行うことができます。これはインターネットの接続環境があれば場所を問わずに行うことができるため大きなメリットであると言えます。