業務に及ぼす影響とは

パソコン操作

金融をITで効率的に

フィンテックとは、海外で生まれた造語で、financeとtechnologyの合成語です。金融や経済部門をITによって効率化すること、効率化されたシステムやツールなどをさします。代表的な事例がスマートフォン決済です。スマートフォンというITツールで決済という金融的手続きが完了することは、まさしくフィンテックの代表格といえます。フィンテックは社内管理にも大きな変革をもたらすと考えられています。フィンテックで大きく変わるのは経理部門です。これまでの経理業務は、伝票の打ち込み、帳簿づけ、管理などをすべて手作業で行う必要があり、膨大な手間が必要でした。ですがフィンテックの技術を活用すれば、こうした手間が大きく削減できることも多いのです。たとえば決済をカード決済に一元化し、レシートや伝票入力の手間を削減するとともにネットで履歴を一覧できるようにする、送金サービスの利用により振り込み業務を削減する、会計管理ソフト、財務ソフトの導入により入力管理作業を大幅に削減するなどが代表的な例です。こうした大幅な効率化により、経理の負担が大きく経る可能性が出てきます。経理スタッフの削減も可能になり、人件費を大幅カットすることもできるようになるでしょう。さらに経理や会計状況がわかりやすくなるため、経営判断の迅速化も期待できます。逆に言えば、フィンテックの導入か遅れた企業は取り残されるおそれがあるということです。それほどまでにフィンテックは浸透しつつあります。