診断結果と対策

PC操作

組織の問題点把握

組織診断では、従業員や従業員で構成されるグループなど会社組織を診断し問題点の改善を図ろうとするものである。従業員の会社への満足度が低かったり、会社組織に問題があると様々な弊害が起きやすい。例えば、社員のモチベーションが下がり不正を行うケースや、会社の目標に対して従業員がそれの達成に向け活動しないなどの問題が発生しやすい。これらの問題が発生することで、会社にとって不利益になったり、売り上げなどに問題が生じる可能性が有る。組織診断では、これらの原因となるものを分析し、その対応を行っていこうとするものである。組織診断により問題個所が把握でき、改善につなげることができれば業績向上や従業員の会社への満足度が上がり、離職率が下がるなど良い影響を及ぼしやすい。これらの理由から、組織診断を行うことに人気が出ており、多くの企業で組織診断が行われている。組織診断を行う場合には、従業員へのアンケート調査などが中心となって実施される。アンケートにより従業員の考えていることを聞き取り、それにより対策を検討することになる。調査は第三者機関に依頼して行われることが一般的であり、それにより適切な分析や対策検討ができる。組織診断でのアンケート結果については、会社側は真摯に受け止め対策を検討することが最重要である。意見をに対して適切な対策を行なえないと、診断する意味がなくなってしまう。その為、診断結果を受け止めることが重要である。